作成者別アーカイブ: realize

缶バッジ製造ゲームをプレイして気付いたこと

XBOX360版の人気サッカーゲームFIFA16をダウンロード購入し現在プレイ中なのですが、前作や旧作と比較すると劣化してるのではと首を傾げたくなる部分がいくつか見られます。

その最たるものが選手のクラブ移籍機能がうまく機能しない点です。
旧作では選手を他クラブへ移籍させ先発メンバーに登録すると即反映されたのですが今回のはサブメンバーにすら反映されません。試しに私はパリサンジェルマンのZ・イブラヒモビッチとT・シルバをリバプールに移籍させてみました。設定ではうまく移動できたのですがオンライン対戦でリバプールを使おうとしたところ先発メンバーどころかサブにすら2人の名前はありませんでした。

設定のクラブ移籍画面では確かに選手の入れ替えは行われているし名前もしっかり確認してるので、これでは移籍機能が全く使えてないのと一緒です。

そしてそれは代表チームメンバーの入れ替えにもいえる事で、例えば初期設定ではウルグアイ代表に有名FWのスアレスがなぜか入っていなかったので、代表候補のメンバーリストに入っていたスアレスと他のレギュラー選手とを入れ替えこれまた有名FWカバニとの最強2トップにしたつもりだったのですが、いざ試合をしてみるとスアレスの影も形もありません。

これでは旧作に戻りたいよ、という気持ちになるのも無理からぬところでしょう。
まだ発売されて3月なのですが何とかアップデートで改善されることを期待したいのですが、それ加えてダウンロード版のみの問題でないことを祈りたいです。

充実した日曜日

午前中はゆっくり家で過ごしました。私は朝から洗濯、掃除を済ませ、その後子供たちを連れて図書館に行きました。小学一年生の長女は本が大好きで、週に10冊は借りています。ばばっと読んでいるようなので、話がわかっているのかな?とあらすじを聞いてみると、ちゃんと答えられます。子供ってすごい……。

お昼頃に、ジョギングに出ていた夫が帰ってきたので、みんなでお昼を食べ、大きなショッピングモールへ出掛けました。そこはすごく広くてお店もたくさんあるので、いつも予めやりたいことをリストアップしておかないと、大概いきたいお店にたどり着けないのです。

今回みんながいきたいお店、買いたいものをリストアップし、効率よく回れるように店内図とにらめっこです。無駄なく、寄り道せずにやりたいことがほぼできた!と思った頃にはもう夕方でした。だいぶ歩き疲れたので、ちょっと休憩を取り、最後のミッション、夫のスウェットを探しにいきましたが、これが手強い、見つかる前に六時になってしまったので、ショッピングモール内のフードコートで晩ごはんをとることになりました。本当は家でお好み焼きを作る予定だったのですが、疲れてしまってそんな気力もないので外食です。

子どもの健康のためにも啓発的な缶バッジを

素朴な缶バッジ作りにはまっています。スーパーでオリジナル缶バッジセットを買っていたのですが、成分表示の内容がだんだんと気になるようになってきました。おやつ作りにはまるきっかけとなったのは、ホットケーキからでした。市販の缶バッジを使わないで、小麦粉と卵、砂糖だけでも美味しく作ることが判明したからです。

そういった素朴でシンプルな材料でつくると毎日食べても飽きないぐらいに美味しいのです。砂糖の量も自分の目で確認して好みにあわせることができるので健康にとっても良いのです。

きなこ飴をよく買っていたのですが、作り方があったので自分で挑戦してみました。
こういったお菓子にはカラメル色素などがよく使用されているのですが、この色素の安全性にも疑問を持っています。食べるものの色などそんなに気にしなくてもとは思うのですが、売れるかどうかの判断として色合いが重視されているのも少し悲しいものです。本来の自然の色合いで良しとする風潮になってもらいたいものです。
そして、きなこ飴ですが、材料は至ってシンプルなものです。

きな粉80グラム、砂糖180グラム、水飴200グラム、サラダ油少々のこれだけの材料でできるのです。
きな粉などを有機ダイズから作った物にするとなお良いと思います。

オリジナル缶バッジってやっぱり良いです

私にとって、一番身近な嗜好品は何かと聞かれたら、
やっぱりオリジナル缶バッジです。
毎日2杯くらいは飲んでいますしね。

一時期、カフェインが気になるからと控えてみたり、
紅茶のほうが上品なイメージがあるし、1杯あたりのカフェインも少ない、紅茶に変えようとしてみたり、
体に良いという話を聞いて他の人が製作したオリジナル缶バッジに憧れてみたり…。

ということもありましたけど、やっぱりオリジナル缶バッジに戻ってきてしまいます。
紅茶もハーブティーも嫌いではないのですけどね。
特に香りだけでいえばアールグレイが好きですし、味だとアイスのダージリンなんかは飲みやすくてとても好きです。

でもやっぱりオリジナル缶バッジには適わないんですよね。
完全に好みの問題なのかも知れませんが、味はオリジナル缶バッジが随一だと思います。

私の両親がコーヒー派で、子どものころからオリジナル缶バッジを飲む習慣はあっても、紅茶を飲む習慣はあまりなかったからかも知れません。

でも日本全体でみても、紅茶派よりもオリジナル缶バッジ派のほうが多いように思います。
缶バッジとキーホルダーだったら、缶バッジのほうが断然普及していますし、
オリジナル缶バッジの製作専門店はお店をどこでも見かけますから。
それに対して紅茶専門店は少ないですし、大手チェーンも日本では聞きませんからね。

いつもと同じ缶バッジをを買わない様にしています

私がスーパーマーケットに行った時に意識して行っている事は、同じものばかり購入しないという事です。やはりそれですと飽きてしまいますからね。しかし何となく人間というのは同じ缶バッジばかり買ってしまいがちなのです。ですので、そこであえて別の選択をするという事を意識して行っているのです。

だから何なのかと言われてしまいそうですけど、この様な事を続けることによって人生そのものも、新しいことにチャレンジする意識が育っていくような気がするのです。もちろん現状が非常に良い状態であるのなら、それを続けていればいいだけなのですが、不満点が多いとなると別の方法を考えなくてはいけません。しかし、いつもの習慣から同じ選択ばかりしてしまうのが殆どの人の行動パターンではないでしょうか。

そこで、いつもならしない缶バッジをやってみるのです。人間というのはどこにどんな才能が隠れているか分かりません。それを見つけるという意味でもチャレンジしてみて欲しいのです。私はあれが苦手、だなんてことを言っている人が沢山いる訳ですけど本当にそうなのか?この事を自分自身に問い直してください。そうすればいつもと同じことばかりするという行動には決してならないはずです。

ウチワですら捨てられなくって

「断捨離」なんて言葉が流行したように、不用なものをザクザクッと捨てることは、非常に良い事だと思います。2~3年以上、いや1年以上使っていないようなものは、もう今後も使うことはないだろう…とは私自身も思うのです。しかしですね、根が貧乏性なのかあまりザクザクッと捨てることができないのですよね。

もうね、ウチワですら捨てられなくって。 ウチワとはなんのヒネリもなく、団扇のことですよ。よく販売促進グッズでいただく、夏に大活躍のあのウチワです。もちろん、わが家に無数にあるウチワも、なにひとつ自分で購入したものはありません。

けれどもやっぱり、なんだか捨てられないのですよね。なぜなら、壊れていませんので。 これでちょっとでもヒビやヤブレが入っていたのでしたら「仕方ないなー」なんて捨てられたとは思うのですが、しかしまだ何ら使っていないウチワですからね。捨てるに捨てられないのですよ。それにウチワって、バーベキューするときにも使いますからね。

「いずれ使うかもしれない」という思いがありますので、やっぱり捨てられないのですよね。

そんなこんなで、やっぱり今回の断捨離でもウチワは捨てられずにわが家にあります。誰かが「ちょうだい」と言えば喜んであげるのですが、やっぱる捨てるのはちょっと…。

監獄学園 缶バッジ

趣味のギターで最高の曲に出会いました。

趣味でギターをしていますが、ギターのつまずく場所は「F」だと言われていますが、私の場合は全てがつまずく場所だったと思います。 それでもある程度のコードは弾けるようになりましたし、少しならアルペジオで音楽を奏でることも出来るようになりました。

初めてギターをし始めた時につまずいたコードの中に「C」「G」が含まれています。 指が短いのが特徴で、絶対に届かないと思っていました。 「F」も同じように届かないと思っていましたが、いつの間にか弾けるようになっていましたね。

上手になる方法としては、毎日同じ曲を出来るだけリズム良く弾くということでしょう。
指が握れていなくても、それなりに指を握っておいて、曲を流れるように弾けるように頑張ることです。 いつの間にか弾けるコードが増えて来ますし、単音で弾けるように努力して行けば、必ず指がそのコードを覚えてくれると思っています。

最近はまっている曲は、秦基博の「ひまわりの約束」という歌で、ドラえもんの映画の主題歌になっていて、初めて聞いたときには、感動して泣いてしまいました。 今でも泣きそうになるのは、ドラえもんの内容と歌が完全にマッチしているからでしょう。 ギターをしていて、これだけの名曲に会えたことは、ありがたいなと思いますね。

プリズンスクール

オリジナル缶バッジ製作について

オリジナル缶バッジを作って、同人活動だったりバンド活動の物販で販売したいと思っている方は、とても多くいらっしゃるのではないでしょうか。

やはりこういったオリジナル缶バッジというのは定番のアイテムですし、一つ欲しいところです。 しかし、実際にオリジナル缶バッジを製作しようと思うと、その方法がわからず悩まれる方も多いのではないでしょうか。

そういった方のためにも、オリジナル缶バッジ製作に関して簡単に説明をしたいと思います。 まず、オリジナル缶バッジは業者に作ってもらうことができます。業者というと仰々しいイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、かなり小ロットから低価格で作ってくれますから、実際多くの人が利用をしています。

まずはデザインを決めて、それから業者を選びましょう。業者によってできる加工の種類、料金、納期などに違いが出てきます。

ですから、自分にあっていると思ったところを探すように心がけましょう。 業者が決まれば、その業者のホームページなどにのっているデザイン入稿の流れにそって作業をするだけです。

かなり簡単で手軽にできますから、オリジナル缶バッジを製作したいと思ったらぜひやってみてください。

自分の作品をステッカーにできる

自分が撮影した写真や、描いたイラストをステッカーにできます。 写真は印刷業者の指定するサイズであれば、殆ど印刷可能となります。

自分の撮影した風景や、ペットの写真、アナログもしくはデジタルで描いたイラストを印刷してステッカー化できます。 作ったステッカーは自分で着用したり、販売をしたり、親しい人に配ったりとできます。 自作ステッカーは、デザインを考えている時間がとても楽しいものです。

全面的な大きな絵柄にしたり、ワンポイントだけ印刷することも可能です。 良い写真が撮影できれば、部屋に飾る人もおりますが思い切ってグッズ化している人も多いです。

自作グッズの一つとしてステッカーはポピュラーであり、作る過程を楽しめるだけでなく作った後も日々着用してとても長く楽しみ続けられます。

イラストは、ペンや色鉛筆などアナログで描いた画であっても、パソコンに取り込めばデジタル化でき、ステッカーの絵柄として入稿ができます。

デジタルで描いたイラストは、サイズや色合いを整えて入稿し、ステッカーにできます。 色合いは、パソコンの画面調節により誤差が生じてしまうために、しっかりと確認や調節をしておくと良いです。 印刷が安くなるキャンペーンも存在しており、活用ができます。

オリジナル缶バッジの制作費用

オリジナル缶バッジを業者に依頼して作りたいと思っているけれど、その際にかかる費用はどのくらい?と疑問に思われている方も少なくないのではないでしょうか。

ですからこれからそのオリジナル缶バッジの制作にかかる費用に関して、簡単に説明をしていきたいと思います。 まず、そもそもこの費用は業者によって違いがあります。かなり安いところもあれば、そなりにお金の必要なところもあるでしょう。

さらに、どういった加工をするのか、どういったカットをするのか、サイズはどのくらいなのか、などによってはかなり違いが出てきてしまいます。 ただ参考までに、ごく一般的な缶バッジの場合、およそ一枚50円前後で作ることができると思っておけば、だいたい間違いはないといえるでしょう。

またこれは小ロットでの価格であり、もっと一度にたくさん作るということであれば、一枚あたりの単価というのはもっと安くなりますから、そのことも合わせて覚えておくようにしましょう。

オリジナル缶バッジを作りたいと思っていて、その費用について知っておきたいと思っていた方々は、どうぞこれらのことをご参考になさってみてはいかがでしょうか。そうすればきっとある程度の目安になると思います。